メインイメージ画像

保険料から考えてみましょう

将来の事を見据えてがん保険に加入を考えている方や入っている方は多くいると感じますが、プランはどのように決めているでしょうか。もしもの時に備えて対策を取るために、一緒にいくつかのプランに加入している方も多くいると思います。そうすることで困ったときに保障してもらえる可能性は上がると思いますが、その分だけ保険料も高額になってしまうでしょう。
また、保険のプランには共通の箇所も多くありますので、複数の保険に入ることによって無駄な部分が出てしまう可能性も多くあります。加入後もその時の家計の状況や自分自身の体調などを考えながらきちんと再検討する必要があります。

キャンセルしたほうが良い場合も場合によってはあるかもしれません。

積立タイプのがん保険を知っていこう

がん保険には積立と掛け捨てがありますが、メリットデメリットがどちらにもあるんです。積立の保険の場合支払った保険料の一部が返ってきます。額は返ってくるタイミングは保険の中身によって異なっており、保険料は高い傾向が掛け捨てと比べるとあると思います。掛け捨ての保険はめったに保険料が返ってくることはないようです。

これだけ見ると積立の保険の方がお得に見えますが、簡単に判断することは難しいと思います。まずはそれぞれの保険の内容や制度を理解した上で、自分が保険にどんな役割を望むのかを考えましょう。自身で選ぶのが難しいと思った方はプロの人に説明してもらったり相談したりすることで最善のプランを選択する事ができるでしょう。